ビートルズ「プリーズ・プリーズ・ミー」(1963年)

a0030240_141418.gif1. I Saw Her Standing There
2. Misery
3. Anna (Go To Him)
4. Chains
5. Boys
6. Ask Me Why
7. Please Please Me
8. Love Me Do
9. P.S. I Love You
10. Baby It's You
11. Do You Want To Know A Secret
12. A Taste Of Honey
13. There's A Place
14. Twist And Shout

ビートルズはもうさんざん語り尽くされていますが、「音楽遍歴」というからには外すことはできません。ボクなりに語ってみます。

リバプールという地方都市の若者たち。やがてイギリス全国、そしてアメリカ、全世界へと人気を広げていったビートルズの、これはその旋風が吹き荒れる直前にレコーディングされたデビュー・アルバム。たった一日、約10時間で録音されたというのが今から考えれば驚異です。ジャズのレコードじゃあるまいし...。

14曲中、6曲は他アーティストのレパートリーからのカバー曲。カバー曲が多いのはこの時代のバンドでは普通のことで、このカバー曲がどれも見事に自分たちのモノになっている点にビックリさせられる。他人の持ち歌を自分のものにするのはとっても難しいんです。(10)や(14)などは日本のTVでも頻繁に使われるので、聴いたことがある方も多いでしょうが、もう完璧です。

ボクの注目は、(3)の「Anna (Go To Him)」。アーサー・アレキサンダー(Arthur Alexander)作のこの曲は、このレコーディングと同年(1962年)に発表されたもの。誰よりも早く取り上げたかったのだろうか。そんな自信があったと思わせるのは、ジョン・レノンのボーカル。バックの演奏はほぼアレキサンダーのバージョンと同じ。しかしボーカルが違う。違うのは細かい歌い方とかもだけど、とにかく格が違う。なぜ二十歳そこそこの若造の歌が、こんなにも自信に満ちていて、カッコいいのだろう。しかもこのレコーディングの日、ジョンは風邪をひいていて、鼻声で歌っているのだ。許せない。

ボクにとってのビートルズの魅力のおそらく半分以上は、ジョン・レノンのボーカルである。ジョンの歌のカッコよさは、ただの巧さでは説明がつかない。自分の歌が情けないことと無関係ではないだろうが、ボクは歌の天才に(あくまでもボクがカッコいいと思う人だけだが)めっぽう弱い。楽器ならなんとかなるけれど、歌がうまいのは、もう“卑怯”だと思う。ジョンの、若さいっぱいの魅力にあふれたボーカルがストレートに聴ける、ビートルズの初期作品が大好きなのだ。

ビートルズがアレキサンダーの持ち歌のカバーで公式にレコーディングしているのはこの「Anna」だけだが、デビュー前のライブやラジオ出演時を含めると他に3曲カバーしている。特に「Soldiers Of Love」という曲はジョンのボーカルの魅力を引き出すのにもってこいだ。アルバム「Live at BBC」で聴くことができる。
[PR]
by copain-eiji | 2004-07-27 01:05 | ■CD


<< ポール・サイモン「イン・コンサ... アグネス・チャン「小さな恋の物... >>