カテゴリ:■コンサート+ミュージシャン( 3 )

カエターノ・ヴェローゾ 「2005東京公演」

5/24(火)、ボクたちの数年来の夢が現実になった。
目の前で(と言うにはかなり遠かったけど)歌うカエターノと時間を共にしたのだ。

バンドを従えてステージに登場したカエターノが歌いだしたのは
「ミーニャ・ヴォス、ミーニャ・ヴィーダ(わが歌、わが人生)」。

...幸せだから、
 苦しみの中にあるから、
 待っているからボクは歌う。
 幸せになるため、
 苦しみとともにあるため、
 待つためにボクは歌う...

a0030240_339134.gif「歌は心に届く」ということを、本当に久しぶりに身体の芯から体験した。ブラジル・バイーア州出身の62歳のシンガーの、ホールいっぱいに響くツヤとハリのある歌声に、完全に参ってしまった。カエターノのステージはシンプルで、最低限必要なものしかそこにはない。巨大な装置も派手な演出もなく、マルチビジョンもない。だから2階席から見たボクたちにはカエターノの細かな表情は見えない。でもそれがかえって音楽に集中できて良かったかもしれないとさえ思う。バンマスでチェロ奏者のジャキス・モレレンバウンを筆頭に、ギター2本、ベース・ギター、ドラムス、パーカッションの名手たち6人が繰り出すさまざまな表情の音が唯一、そして最高の演出だった。

カエターノがすばらしいミュージシャンで、そのコンサートでの演奏が文句なく感動的であったことは間違いないが、これについてはそれ以上に何も書きようがない。どんなに言葉を使っても、音楽の「感動」そのものを伝えることは不可能だからだ。少なくともボクにはムリだ。なので、ちょっと視点を変えた話題をひとつ。

来日前にカエターノに電話インタビューしたという中原仁さん(ブラジル音楽の評論家として第一人者)のサイトに、その時のコメントが載っていたので転載させてもらう。
カエターノ:『 これまで日本で行なったすべてのコンサートで、私が感動したことがある。曲が始まって、それに聴き入る日本のオーディエンスの<静けさ>。これは、他の誰にも真似できない。まるで、そこに人がいないと思うほどの、ピュアな静けさだ。禅の静寂とも言える。そこには何もない,白紙だ。無人の前で歌っているようにすら感じる。そして、曲が終わって拍手が起き、とても自然に場内が活気づき、熱狂する。この自然な姿勢が、とても素晴らしいと思うし、こういうオーディエンスには、今日の今日まで、日本でしか出会ったことがない。』

予定調和の、決まりきった作法としてのライブの盛り上がりというのがボクは大嫌いなのだけれど、この言葉を聞いて、ボクがカエターノを好きになったのは当然のことだったと理解できた。よく日本の客は静かすぎるとか、関東の客はノリが悪いとかというミュージシャンの声を聞くのだけれど、それって音楽に何も関係ないことだと不快に思っていた。実は今回のコンサートも、正直に言うと他のお客さんの反応が心配だった。しかしコンサート最後に、それが余計な心配だったことがわかった。カエターノの音楽を聴きに来たお客さんたちの姿に、ボクも感動してしまったのだ。それはコンサート本編が終わった後、当然のようにアンコールがある。そしてアンコールをうながす拍手というものがある。一般的なポップス系のコンサートであれば、バラバラとしていた拍手が途中で「パンパンパン...」という一定のリズムになるアレである。ボクはアレが好きではない。特に最近、アーティストがステージを去る前からアレになるということも多い。なぜだかアレに遭遇するととても恥ずかしく、悲しくなる。ボクは楽器の音や歌の声が鳴り止んでも音楽そのものは終わっていないと思っている。余韻という言葉でしか表せない気がするけれど、あの「パンパン...」を聞くとその余韻がムリヤリかき消されてしまって、なんともイヤな気持ちになるのだ。今回、本編が終わってカエターノとバンドがステージから消えて、再び登場するまでのしばらくの時間(たぶん4〜5分)、その「パンパン...」がなんと最後まで出なかった。拍手が鳴り止まなかったということだ。全員が素直に感動を、カエターノとバンドへの感謝を拍手であらわしたいと思っていたからではないかと思う。そんなファンを作ってしまうカエターノはやっぱりすばらしい、ともう一度感動したというわけだ。


ボクが初めてカエターノと遭遇したのは、たぶんまだ20歳を過ぎた頃。アメリカ録音の弾き語りアルバムが話題になっていた時だった。音も少し聴いたはずだけれど、実は全然覚えていない。そしてその前か後かは忘れてしまったけれど、どこかでカエターノが書いた文章が日本語に訳されていて、それを読んだ。確か政治的なこととかも書いていたのだけれど、とにかく難解な文章でさっぱりわからず、それ以来「カエターノはわからん」という印象だけでずっと聴かず嫌いだった。そんなカエターノを聴くきっかけは、コパンの最初のアルバムを録音したしばらく後、ベーシストのくにかずくんが、「ミーニャ・ヴォス、ミーニャ・ヴィーダ」が収録されたアルバム『リヴロ』を持ってきてくれたことだ。その後、当時の最新アルバムの『ノイチス・ド・ノルチ』を聴かせてもらって、カエターノ好きが決定的になった。くにちゃん、ありがとう。


カエターノ・ヴェローゾ:
1967年(!)に、ガル・コスタとのデュオ・アルバム「ドミンゴ」でデビューしたシンガー・ソング・ライター。すぐにジルベルト・ジルなどの仲間たちと「トロピカリズモ」運動(ロックをはじめ様々な音楽要素を取り入れるだけでなく精神的にも不要な文化の壁を突き崩すこと)を提唱、賛否を巻き起こしながらも、現在のブラジル・ポップス(MPB)の基礎を築いた。時の軍事政権に危険分子として拘束された後に国外退去となり、数年間ロンドンで亡命生活を送った。帰国後も精力的に活動し続け、現在までオリジナル・アルバムだけで(おそらく)37枚を発表。ブラジル・ポップスの最重要人物のひとり。
[PR]
by copain-eiji | 2005-05-31 10:52 | ■コンサート+ミュージシャン

ポール・サイモン「イン・コンサート」(ビデオ/1981)

a0030240_3405383.gif1. Me and Julio Down by the Schoolyard
2. Still Crazy After All These Years
3. Ace in the Hole
4. Something So Right
5. One-Trick Pony
6. Jonah
7. Fifty Ways to Leave Your Lover
8. Late in the Evening
9. American Tune
10. The Boxer
11. The Sound of Silence

気がついたら、ほぼ一ヶ月も更新してませんでした。すみません。
さて、ビートルズと来たら次はこの人、ポール・サイモンです。

ロックンロール・バンドのビートルズにぞっこんだった小学生の頃のボクにとって、フォークというのは基本的に「軟弱なもの」としか映りませんでした。中でも、ビートルズと並べて語られることの多かった「サイモン&ガーファンクル」は、アート・ガーファンクルの美声もあって、ボクの中では「軟弱」の代表格であり、よく知りもせずに「絶対好きにはならない」と決めていたほどでした。そんな認識が変わるきっかけとなる事件が、中学2年のときに起こりました。

それは、ニューヨークのセントラルパークに50万人を集めた「サイモン&ガーファンクル再結成コンサート」。噂は聞いていて、「ごっ、ゴジュウマンニンかよぅっ!」とかなりのけぞっていましたので、それがTVで放映されると聞いて、この歴史的な出来事は見ておかなきゃいけないな、となぜか思ったのでした。そのころ家に来たばかりのデッカいビデオテープレコーダーで録画し、結局何度も何度も繰り返して観ることになりました。「案外いい曲が多いじゃないか」と思ったのと、その放映では歌詞の対訳が曲に合わせて映し出されていたので、観るうちにポール・サイモンの歌詞の世界にすっかり引き込まれてしまいました。明らかに、ビートルズやボクの思っていた“軟弱フォーク”とは違う何かがそこにあったからです。以来、ボクの尊敬するソングライターの筆頭に、ポール・サイモンは君臨し続けています。

このビデオは、『ワン・トリック・ポニー』(残念ながら興行的には大失敗に終わった、サイモン脚本/監督/主演映画、そして同名のサントラ・アルバム)発表後で、再結成コンサートの約一年前にフィラデルフィアで行なわれた、サイモンのソロ・コンサートの模様を編集したものです。ポールの独創的なギターと「スタッフ」の面々を中心に編成されたバンドのタイトな演奏にのって、名曲の数々が演奏されます。このアルバムとライブに、ポールが相当の自信を持っていたであろうことがわかります。しかし、結局その自信は売上にはあまり反映されず、セントラル・パークでのチャリティ・コンサートを持ちかけられた時は半ば自信喪失で、「S&G」でなら引き受ける...となったそうです。なんとも人間クサい、彼を身近に感じさせるエピソードです。

ポール・サイモンの魅力をひとことで言うと、そんな人間クサさを感じさせながら、辛辣な社会批評を備えた歌詞に、特別に巧くも美しくもないボーカル。実はひどく高度な作曲+ギター技術を備えた曲でありながら、いつでも誰でも作れそうな簡単な曲に聞こえてしまうという、そのアンバランスさです。それは、サイモン自身の身の処し方をそのまま反映しているかのようです。

誰もが羨む成功、そして才能を持ちながら、どこまでも皮肉屋で「物事がうまくいくことに慣れてないんだ」(Something So Rightより)と言うひとりの男。「たったひとつの芸しか持たない馬」(One-Trick Pony)であり、「歌に飲まれた、若気の至りの生き残り」(Jonah)だと、自分を嘲るひとりの男。おそらくそれらは、自分がユダヤ系アメリカ人であるという自覚と、アメリカという国を愛しつつ、それゆえに国の行方を憂いているという当時の状況と無関係ではないと思います。代表曲「サウンド・オブ・サイレンス」が、自分の思惑を大きく外れて多くの人々に受け入れられたことを、何も考えずに利用することをせず、逆にそれゆえに抱えることになった苦悩と向き合い続けている彼に、人間としての誠実さを感じるのです。そして、ボクの感じるそれらの魅力のピークがこの時期であったことは確かです。

現在は、このビデオ/DVDの日本版はなく、アメリカ版の「Live at Tower Theatre」が出ているのみです。もちろん日本語字幕はないでしょう。残念です。
[PR]
by copain-eiji | 2004-08-24 03:39 | ■コンサート+ミュージシャン

「こまったか」下町ライブ!(2004年06月30日)

a0030240_153551.gifこまったか? と聞かれても困るんですが、なんのこっちゃない、怪しいサックス奏者「梅津和時」率いる【こまっちゃクレズマ】+七色ボイスの【おおたか静流】のライブなのです。江東区の森下文化センターに観に行ってきました。

バンマスの梅津さんという人は、昔々「RCサクセション」のステージにいたり、その後もときどきセッションで見ていたけれど、リーダーのライブは実は初めてでした。ドラムの新井田さんはゼンゼン変わってなくてすばらしい。アコーディオンの張さん、初めて拝見しましたがすばらしい。この「こまっちゃ」ったさんたち、梅津おやじのキャラクターのせいか、チンドンっぽいイメージばかりが先行しますが、そのハーモニーの巧みさはステキです。ときどきバランスを崩しながらも(わざとか?)ここ一番の攻め上がりの怒濤ぶりは、ブラジル代表の試合を見ているようでした(サッカーの話ね)。

そして歌姫「おおたか」さん、この人もいろんなCMで声を聞くし、仙波さん関係とかで何度か見たことはあったんだけど、ちゃんとライブを見るのは実は初めてでした。「どうもすみませんでした。」最初にもう謝っちゃいます。なぜ今まで素通りしてきたのか。声がすばらしいのはもちろんのこと、はっきりと自分のうたの世界を持っていて、それがとってもキュートなんです。民謡とか昔の名曲ばかり歌ってるイメージがあって、ちょっと敬遠してたんですよ。ま、実際そういうCDが多いし、ご本人は違和感なくやってるかもしれないけど、いくつかCDを聴いてみて、声は好きだけどあまり関係ない場所にいる人かな、なんて勝手に思ってたんです。ホントにゴメンナサイ。ああいう部分がもっとCDでも出るといいなぁと思いました。

きょう再確認した大原則で一句。「音楽は、CDだけじゃわからない」
やっぱりナマでなきゃわからない部分があるんです。もちろん、スタジオでレコーディングされたものにはそれにしかないよさもありますが、それも本来は目の前で鳴っている音を録音してるわけで、本物を知らないであぁだこぉだ言うのは、やっぱり本筋とは違うんですな。どちらの良さも、違いもわかるオトナになりたいものです。

上は今回のコンサートの案内ですが、知り合いのチラシ描き職人、久原大河くん(天才!)の作品。そのうち画集が出るらしいよ。楽しみ楽しみ...。
[PR]
by copain-eiji | 2004-07-01 15:37 | ■コンサート+ミュージシャン