<   2004年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小川美潮 「小川美潮 +2」 (1984)

9/17(金)のライブは、ヴァイオリンの高橋香織さんの初リーダーライブでした。祥子の日記にもあったように、ボクらのお目当てはバックの3人。でも3人以外にもピアノ+ハモンド+ピアニカの吉森さんもよかった。

まずドラムの仙波清彦。邦楽/仙波流の家元でもある師は、芸大邦学部在学中に、パーカッショニストとしてフュージョンバンド、“スクエア”でデビュー、その後スタジオ・ミュージシャンとして膨大な数のセッションに参加。“はにわ...”というバンド数種のリーダーでもありました。「和風駄楽器」奏者の第一人者として、今も迷奏中です。ボクは実はパーカッションよりも、彼の叩くドラムが大好きです。

ギターの板倉 文は、テクノ全盛期にバンド “チャクラ” でデビュー、“キリング・タイム”で変幻自在摩訶不思議ぶりをさらに充実させ、CMや映画音楽も多数手がけながら、いまだに正体不明のセッション・ギタリストで通しているのは素晴らしい。どこへ行くのかわからない刺激的なギター、ボクは大好きです。

そしてヴォーカルの小川美潮。“チャクラ”でデビュー後は、セッション・ヴォーカリストとして“Wha-ha-ha”、“はにわ”、“キリング・タイム”、“本田俊之ラジオクラブ”ほか多数で活躍。CMでも、「すぐっ、そこっ、サンクスっ!」とか歌ってたりします。その個性的な声は、聞けば一瞬でわかります。

で、重要な出会いは小川美潮がきっかけだったので、彼女の最初のソロ・アルバムを紹介します。

a0030240_735873.gif




1. お〜い
2. 行っといで
3. 時計屋
4. ポテトロイド
5. おかしな午後
6. 光の糸、金の糸
7. 花の子供
8. これからのむこう (ボーナス・トラック)
9. へんなかさ (ボーナス・トラック)


1〜7までがオリジナル・アルバムの収録曲。最近のCD化で、翌年に出たシングルが追加収録されてます。ムーンライダースの白井良明がプロデュースだったことから、ボクはシングルの方を最初に聞き、その後でアルバムを購入しました。

シングル 「これからのむこう」 で感じた、小川美潮というアーティストの魅力、そのひとつは彼女の書く歌詞でした。(作曲はムーンライダースの鈴木慶一)

『生まれた ところへ ワタシヨブコエ
 帰ろう 帰りたい いちばんはじまりまで』

『おもしろいね 朝の空も夕暮れも燃える赤
 はじまりの色と 終わりの色はおんなじなの』

『次から次へ吹いてゆく この風のように
 わたしは旅をくりかえす これからのむこうへ』

 (「これからのむこう」より)

ボクはこの曲と出会うまで、日本語でこんなにポジティブな思いを抱いた歌詞を聞いたことがありませんでした。それを彼女のユニークな声が完璧なものにしています。自分が歌うための、自分が生きていくための歌詞を書き、歌っている人だ!、という感動とともに、小川美潮という才能と出会いました。その感触に確信を持ち、すぐにアルバムを手に入れました。

アルバム全体というよりは 「おかしな午後」 という一曲によって、小川美潮はボクの中でますます特別な存在になりました。この曲は、作詞:小川美潮、作曲:板倉 文というチャクラ・コンビ。当時は板倉 文という人についてはほとんど知りませんでしたが、これで 「いい曲を作る人だ」 と、認知しました。この曲の場合は、歌詞というより【曲】がポジティブなんです。「これからの...」の歌詞で感じたものと同じものが、この曲にはありました。曲はここに載せられないので残念ですが...。

この2曲と出会っていなかったら、現在ボクが作る音楽はもっと悲観的なイメージに根ざしたものになっていたと思います。そういう音楽に惹かれていましたし、当時のボクの中から自然に生まれてくるのは「暗い」ものばかりでしたから。だからこの2曲、そして小川美潮と板倉文のふたりとの出会いは、「ボクの音楽」にとっては大きな事件となりました。

「おかしな午後」は後年、映画『つぐみ』の主題歌としてもう一度レコーディングされています。
[PR]
by copain-eiji | 2004-09-26 07:33 | ■CD

斉藤由貴 「AXIA アクシア」 (1985)

a0030240_1715294.gif




1. 卒業
2. 石鹸(シャボン)色の夏
3. 青春
4. フィナーレの風
5. AXIA 〜かなしいことり〜
6. 白い炎
7. 上級生
8. 手のひらの飛行船
9. 感傷ロマンス
10. 雨のロードショー


衝撃的な出会いがいつだったのかはわからない。でもその “衝撃” は今でも覚えている。それは一本のCMだった....。

『ごめんね いままで黙ってて
 ホントは彼がいたことを...』

「AXIA」という名のカセットテープのコマーシャルで、この曲がTVから流れてきたのだ。ほんの十数秒だったろうから、ホントにこの部分くらいしか流れていなかったろう。でもそれだけで十分だった。背中で聞いて、ハッと振り向いて、しばらく止まってしまった。メロディと声と、そして言葉が頭から離れなくなってしまった。やがてそれが「斉藤由貴」という新人アイドル歌手だということがわかった。その数ヶ月前に「卒業」というデビューシングルが出ていて、TVにも出ていたはずだから、きっと彼女のことは知っていたはず。曲も聴いていたはず。でもこの曲をCMで聴いた日が、ボクが斉藤由貴に出会った日だった。

この曲のタイトルは「かなしいことり」。銀色夏生(ぎんいろなつを)という、当時は作詞家として活躍してた人(女性)の作詞作曲です。ある日TVを見ていた彼女は、「青春という名のラーメン」という名のカップラーメンのCMに出ている斉藤由貴と遭遇。“あの子を見てたら曲ができたので聞いてください”と、事務所にテープが送られてきたそうだ。普通レコード会社はそんな曲は取り上げないが、とにかくその曲に普通でない“チカラ”があったことは間違いない。結局それはレコーディングされ、CMに使われ、デビューアルバムのタイトル曲になった。ボクはそのTVCMで、斉藤由貴と銀色夏生という、ふたつの才能と同時に出会ったことになる。

『いつまでもこうしていたいけど
 帰れないけど帰るわね
 これから誰を愛しても
 ふたりは胸が痛いのね』 

と続き、

『やさしい言葉とため息で
 そっとわたしを責めないで...
 やさしい言葉とため息で
 そっとわたしを捨てないで...』

と、この曲は締めくくられる。
とても褒められるシチュエーションではないし、実際そんなことがあっちゃぁ困るよっていう世界だ。でもそれが良い悪いということではない。この曲を聴くボクにできるのは、ボクはそういうことが起り得る世界に生きているんだという、架空の現実を受け入れることだけだ。歌詞もメロディもアレンジもそれを歌う声も、もちろん全部の要素がひとつになった結果なんだけど、なぜそんなにこの曲にチカラがあるのか、今もって納得できる説明ができない。わかるのは、銀色夏生と斉藤由貴、このふたりの出会いがなければこの名曲は生まれなかったということだけだ。本当にいい曲というのはそれでいいのかもしれない。やたらとわかったような解説をされるよりも、そちらのほうが曲にとってもしあわせなことのような気がする。

デビュー曲の「卒業」は、詞:松本 隆、曲:筒美京平という、泣く子も黙るコンビの作。これはプロとして “さすが” の出来映えです。が、アルバムのあとの曲はまぁ、あまりお勧めしません。そういう意味で、これは典型的なアイドルのLPレコードだったのです。しかし、次のアルバムからは怒濤の名作が続きます。斉藤由貴本人が作詞でかかわり始め、少しずつプロデューサー的な役割も担っていったことと同時に、制作のために集められたアーティストたちが、斉藤由貴というキャラクター(素材)に惹かれて、彼女だけが歌うべき、完成度の高い作品を提供するようになったからです。これはもちろん、プロデューサー長岡氏を中心としたスタッフの功績なのですが、彼らにその道筋を確信させるものとしたのは、この「かなしいことり」だったと信じています。
[PR]
by copain-eiji | 2004-09-12 17:15 | ■CD

The Beach Boys 「All Summer Long」 (1964)

a0030240_1704848.gif
1. I Get Around
2. All Summer Long
3. Hushabye
4. Little Honda
5. We'll Run Away
6. Carl's Big Chance
7. Wendy
8. Do Your Remember
9. Girls On the Beach
10. Drive-In
11. Our Favorite Recording Sessions
12. Don't Back Down
(Bonus Tracks)
13. All Dressed Up For School
14. Little Honda (Alternate Take)
15. Don't Back Down (Alternate Take)

ビーチボーイズの通算6枚目のアルバム。とにかく彼らも素晴らしく「いい曲」が多いので困りますが、一般的なイメージとしても受け入れやすく、アルバムとしての完成度も高い本作から紹介します。全米1位を獲得した「I Get Around」、ホンデルズのバージョンでトップ10に入った「Little Honda」、同名映画の主題歌で、日本では山下達郎がカバーしたことでも人気の「Girls On the Beach」など、名曲がたくさん入っています。

個人的に特に好きなのは、後年の映画「アメリカン・グラフィティ」で印象深く使われた、まさに映画的な曲「All Summer Long」。いろんなシーンがあらわれては消え、とイメージさせるような歌詞と、エンドタイトルにピッタリの曲。これが若干21歳の若者が作る音楽か!? 

ビートルズが、ジョン・レノンとポール・マッカートニーというふたりが切磋琢磨してお互いの才能を開花させていったのに対して、ビーチボーイズはリーダーのブライアン・ウィルソンが、いろんな作詞者と共同作業することでイメージを膨らませていったとはいえ、基本的にひとりで突き進むスタイルでした。ブライアンは、アイドル・バンドとしてイメージを固定し安定した収益を得たいレコード会社と意見が食い違い、やがて対立するようになりますが、この天賦の才を万全のバックアップで世に送り出せなかったのは、現代アメリカ音楽史上で最大の失敗だったと言っていいでしょう。

もう一曲紹介しなければならないのは、シンプルな中にも若者特有の苦悩を見事に描いた「We'll Run Away」。つまり、“駆け落ちしてやるぅっ!”っていう歌なんですが、恋に翻弄されている心の状態を、これほど音楽として描ききった曲をボクは知りません。幼稚ではあるんですが、一応若者なりに考えてはいるんだっていうことが、エンディングのラインでは音楽的にも“オチ”になっています。ビーチボーイズの中ではあまり話題にならない曲ですが、彼らの魅力のひとつを最大限にあらわしているこの曲を聞き逃す手はありません。1分59秒、一瞬も気を抜かずにお聴きください!

当時は発表されず、ボーナス・トラックとしてCDに収録された「All Dressed Up For School」もビックリ仰天!です。この曲を聴くと、当時のブライアンが、ビートルズなど同世代のミュージシャンとは一線を画すアレンジ力を持っていたことがハッキリとわかるでしょう。こんなカッコいい曲がなんでボツになっちゃったの!?

あなたがビーチボーイズ初心者だとしても、イメージを大きく外れることなく、きっと満足いただけるアルバムです。
[PR]
by copain-eiji | 2004-09-07 17:00 | ■CD